お知らせ

news

投稿日時:2020年8月3日 11:04 AM

「しまねの木」いきいき暮らし応援事業(工務店向け)

県産木材を積極的に使用する工務店によって建築された木造住宅について、県産木材の使用量に応じて工務店に助成することで、建築業界において県産木材の積極的な使用を促進する事業です。

※昨年までの『木の家ですくすく子育て応援事業』はなくなりました

助成対象

島根県が定める「しまねの木」活用建築士・工務店認定制度により認定を受けた工務店、または、認定を受けることが見込まれる工務店。

※申請書の提出のほか、認定講習会の受講が必須です。

詳細は島根県林業課または島根県木材協会のホームページをご覧ください。

認定までの流れ

【認定の流れ】

1 事業申込書のみを島根県木材協会へ提出
 ↓
2 島根県木材協会から各種情報提供資料及び認定申請関係様式を発送
 ↓
3 認定申請、レポート、グループ申請などを島根県木材協会へ提出
 ↓
4 認定申請を島根県に提出
 ↓
5 島根県で認定審査 認定
 ↓
6 島根県木材協会経由で認定証送付

助成額

事業の内容 補助金の額
県産木材を使用する木造住宅の施工 一戸あたりの県産木材使用割合

  • 60〜70%の部分 20,000円/m³
  • 70〜80%の部分 30,000円/m³
  • 80〜100%の部分 50,000円/m³

一戸あたりの上限

  • 新築 375,000円
  • 増改築 200,000円

1工務店あたりの補助金上限額は設けない。
ただし、県外で施工する住宅への補助金額は、1工務店当たり合計で100万円(新築・増改築含む)までとする。

詳しくは、当社または島根県木材協会までお問い合わせください。